シャドーイングと通訳練習でTOEICのスコアアップ

名前:ぱんださん 女性

私がTOEICで800点を取得した際に使った方法をご紹介します。

職場のスキルアッププログラムの一環で、半年かけて英語力を磨くことになりました。

基礎的な英語力はもともとありましたが、TOEICで高得点を取るためにはリスニングセクションで満点を取る必要がありました。

TOEICのリスニングの難易度はそれほど高くはありませんが、長時間に渡ってリスニングテープを聞き続けなくてはいけないので、集中力が必要とされます。聞き逃してしまえば、そこで点数が失われてしまうからです。

本番で集中力を発揮するためには、事前の学習期間中に脳にそれなりの負荷をかけなくてはいけません。それで私が試したのは、シャドーイングと通訳練習です。

通訳では即時に英語と日本語で考えるスキルが必要とされます。会話は常に進行していきますから、一瞬で考えられる能力が求められるのです。通訳という能力は、英語運用能力の最高峰ともいえるものです。

通訳練習では会話が書かれている本と、CDを使用します。ビジネス会話を録音したもので、文章の要所で区切られて再生されていきます。

最初はその区切りの間に英文を声に出していきます。

会話を全て覚えてしまうまで、何度も繰り返し同じものを聞いていくのです。

最後には、CDの会話がスタートしてすぐに自分も英文を声に出しはじめ、シャドーイングができるようになるまでやり続けました。

同時に日本語への翻訳作業も行います。こちらも何度も覚えるまでやり続けます。

そうすることで、TOEICのリスニングをしている最中も頭の中にリアルタイムで翻訳作業ができるようになります。

TOEICのリスニングは単語のレベルは難しいものではないですから、通訳練習をしておけばリスニングを聞きながら手を止めることなく問題を解いていくことができるようになるのです。

この方法を試してから実際にテストを受けたところ、リスニングも楽しんで聴く余裕が生まれました。

それまでは難しかった、見直しをする余裕も生まれました。本来はリスニングのスキルアップのために始めたものですが、それはリーディングセクションでも効果を発揮しました。

日本語と英語は文の構成が逆なので、文頭から読んでいくと理解に時間がかかります。

しかし、通訳練習で文頭から文章を理解する練習を重ねたために、リーディングの読む速さも上がりました。通訳練習・シャドーイングは大変に効果がある練習法でした。

フルタイムで仕事をしながら、平日の夜に1、2時間の練習で効果が得られました。大変に負荷のかかる作業なので、短期集中でやることも成功の秘訣だと思います。