TOEICハイスコアで自分の可能性がグンと広がる! TOEIC採用企業を紹介

英語が好きで、自分から進んで、力試しにTOEICを受験しようという人は、きっと勉強にも身が入りますし、やっていても楽しいと思います。

 

しかし、企業でTOEIC受験を義務付けられていたり、昇進がかかっていたり、厳しい就活で内定を勝ち取るために受けようという場合は、なんとなく「苦しい、いばらの道」に足を踏み込んだような気分になりますよね。

 

でも、ご安心ください!

 

TOEICで高得点を取れば、自分の可能性がグンと広がります!

 

ここでは、TOEICを社員採用や、昇進、海外赴任の条件にしている大手企業を紹介します。

 

こんなに多くの企業が、TOEICを判断基準としているのです。

 

ということは、TOEICで一定のスコアさえ取れば、自分の可能性が大きく広がるということです!!

 

それでは、どんな企業がTOEICスコア基準を設けているのでしょうか?

 

新卒採用にTOEICのスコアを考慮する企業

 

 

いかがでしょうか?だいたい800点取っておけば、大手採用基準で落とされることはあまりありません。

 

大学新卒のTOEIC平均スコアが450点ですので、

 

企業としては「英語のできる人材」を求めていることが分かります。

 

大学生の皆さんは、やはり800点ラインを目指すことで、余裕を持った就職活動ができると思います。

 

昇進などでTOEICスコアを求める企業

 

ざっと見るだけでも、名だたる大企業が名を連ねていますね。

 

 

やはり、TOEICのスコアを昇進の条件にする企業が多いようです。

 

しかも、役職が上がるほど求められるスコアが上がっています。

 

しかし、それでも、TOEIC800点あれば、ほとんどの企業の昇格基準をクリアできます。

 

そして、800点取ってしまえば、900点も視野に入ってきますよね。

 

 

海外赴任でTOEICスコアを求める企業

 

海外赴任条件でも、TOEICスコアを条件にする企業は多いようです。

 

 

 

意外と低いかな?

 

というのが私の印象ですが、

 

海外赴任は英語力だけあれば任せられるというわけでもないですし、

 

最初に触れたとおりTOEICハイスコアを持っていても、英語がペラペラなわけではないことは企業も承知でしょうから、スコアは基本的な英語力があるかどうかを見て参考程度に、あとは仕事の資質を見るということなのでしょうか。

 

こちらでも、800点持っていればかなり有利なことが分かります。

 

もちろん、これはほんの一部です。

 

大手のみならず、海外部門があったり、英語が必要とされる中小企業でもこういった基準を採用している場合が多いと考えられます。

 

自主的ではなく、必要に迫られて受けなければならない状況のあなたも、ちょっと視点を変えてみませんか?

 

TOEICのスコアが上がれば、こんなにさまざまな可能性が広がります!!

 

そして、自分が高得点を取れたことで、自分にとって大きな自信となります。

 

もしかしたらそのことが、人生をよりよい方向へ変えてくれるかもしれません。

 

イヤイヤ勉強するより、ぜひ「いっちょう、やったるか!」の気持ちでTOEICに取り組んでください!