シンガポール留学中に私がハマったシンガポール料理ランキングベスト5

名前:S5さん 女性 留学先:シンガポール

シンガポールという国は小さな国ですが、色んな魅力にあふれた国です。
その一つが、食事だと思うのですが、私がシンガポール留学中にハマったシンガポール料理ベスト5を発表したいと思います。

1.板麺(バンメン)

これはもう毎日食べたいと思うほどハマったもので、白いストレートの麺の上に痛めたひき肉、それとフライドオニオン、ねぎをさらっと載せただけというシンプルな面料理なのですが、食べごたえもあって、すごくおいしかったです。

そして、私はこのままで絶対食べず、必ず板麺のお店の前には赤い生のチリと醤油を混ぜたものがあるのですが、それをたくさん入れて、辛口にするのがおすすめです。

2.ホーファン

ホーファンは太い平たい麺です。

これを中国風の濃い目の色がついた醤油で炒めているのですが、ニンジンやもやし、それにチンゲン菜のようなものが一緒に炒められていて、焼きうどんのような感じなのです。

ちょっと日本の料理をイメージさせるような味と見た目も留学生活ではうれしく、そして、おいしく感じました。

3.チキンライス

やはり、シンガポールといえば、チキンライスは欠かせません。

チキンライスなんて誰でもできるではないかと思うのですが、ごはんの品種も日本とは異なるものだったり、味付けも、さっぱりしているのですが、奥が深いものとなっていて、シンガポールらしい味付けになっています。

さっぱりしたいご飯が食べたいなという時にぴったりなのが、チキンライスです。

4.楊豆腐(ヨントーフー)

豆腐や練り物、それに麺屋野菜をピックアップスペースからチョイスして、それをゆでてもらい、スープの中に投入してもらうという、言ってみれば具だくさんなスープのようなものです。

これは、野菜もとれる上に、比較的ヘルシーなのに、食べごたえがあるので、非常におすすめです。

5.福建麺(ホッケンミー)

福建麺というくらいなので、おそらく中国の福建省の味をイメージしたり、ベースとして作られた料理なのでしょう。

こちらも、麺好きな私が好む料理で、ストレートのちょっと黄色い色をした麺で、私はこれを炒めたものが好みなのですが、そうではないタイプもあります。

ニンジンやもやし、それに豚小間のようなお肉がちょこっと入っていて、麺の味もしっかりと残った料理です。

これも私はチリをつけて食べ、自分好みの辛口テイストにしました。

このように、シンガポールにはおいしい料理があふれていますので、留学時に料理で困ることはありませんよ。