語学留学先の決め方

名前:Lilbubさん 20代後半(女 留学先:ニュージーランド オークランド ウェリントン

これから留学に行かれる方や、留学を考えている方にとって、「どこに国に行くか」というのは一番最初にぶち当たる悩みかと思います。

「一番綺麗な英語を話したいならイングランドに行くべきだ」とか「オーストラリアやニュージーランドの英語は訛っていてカッコ悪い」「どうせやるならアメリカンイングリッシュがいい」とかそんな意見を聞いたりするのですが、実際1年程度の留学で訛った英語もほとんど身について帰ってくるわけではありません。

個人的に一番に考えるべきは、言葉の訛りよりも現地の物価の高さと気候だったと思います。

私はワーキングホリデービザが無料で取れたニュージーランドに決めましたが、前情報をもっと調べてくるべきだったと着いた初日に後悔しました。

入国したのが9月だったのですが、日本でいうと残暑の残る秋の初めだから、現地は春だろうなーもう温いのかな?と軽くしか考えていませんでした。

現地についてみると、湿気と寒さ、豪雨。曇天が広がっていたかと思うと、一瞬で雲が流れ晴れ間がさします。一日の中に四季があるというのは本当だと思います。(主に冬が長めですが)

ニュージーランドの冬は寒くて雨ばかりで毎日暗く、現地の人もかなりの人数が鬱になります。
自殺が多くなったり、精神科に行って抗うつ剤をもらったりする人も増えるそうです。

日本は寒いと言っても建物や家の中に入れば暖かかったりするのですが、ニュージーランドのビルはほとんどが古く(ウェリントンで私の住んでいた家は築100年の元孤児院でした。)、空調が壊れている&断熱材が入っていない&隙間風がガンガン入ってくるのコンビネーションの時が多々あります。

湿気でドアが膨張する為、窓が完全に閉まらなくなったりすることもありました。

留学生はほとんど風邪を引きますので、日本から風邪薬とカイロを持ってくることをオススメします。
(薬局でも一応風邪薬は買えますが、少ない個装で20ドル以上したりして結構高めの値段です。カイロもダイソーで買えますが、100円の物が3.5ドルですので大変割高に感じます。)

「でも雪が降らないからいいじゃない?」と言われることもありましたが、私の住んでいたオークランドに関しては雪は降らないけれども毎日が雨、雷雨で洗濯物を外に干す事がほとんどできませんでした。

梅雨の感じで冬、と覚えておくと幾らか対策は練ってこれると思います。
強度のある折り畳み傘が大活躍します。

夏は夏で、夜が特に素晴らしいのですが、紫外線がキツく、ちょっと日焼け対策をせずに外に出ようものなら、日光が皮膚をガンガンと痛めつけてきます。
因みに紫外線は日本の10倍程度あり、皮膚ガンの発生がとても多い国です。
(薬局でもピンキリですが安いものなら小さいボトルで6ドル程度から購入できます。)
日焼けをあまり気にされない男性でも、身を守る為に絶対に購入しておいたほうがいいアイテムです。

どうしても冬を体験したくない人は、フィジーやフィリピン留学で冬を越してから現地入りするのがいいと思います。