ホームステイで気をつけるところ

名前:Lilbubさん 女性 20代後半 留学先:ニュージーランド オークランド

語学留学で海外に行くと、まず確実に住むところの問題が出て来ます。

日本では一人暮らしが比較的簡単に、安全にできますが、私の滞在していたニュージーランド、オークランドからの体験を書いていきたいと思います。

ワーキングホリデーで初めに入国する方はエージェントを使われる方が多いので、多くの方がホームステイ暮らしからスタートすると思います。

結論から言うと、ホームステイというのは、ほとんど賭けです。

まずエージェントから紹介していただく際に家族構成について記載されている紙を見せていただく事があると思うのですが、これが大分間違えていたりします。

日本からのお土産等を渡すのがスマートなやり方ですが、日本的な小物や綺麗な写真集、綺麗なテキスタイルのスカーフなど色々聞きましたが、日本に興味のない方も、日本食に抵抗がある方ももちろんいます。

私が聞いた中でハズレのないお土産は「梅酒」です。

荷物が大量になる&割れ物なのでちょっとハードルは高いですが、ニュージーランドはワインをよく飲む文化の国ですので、喜ばれる事が多いと思います。

もしくは、気の利いたオシャレなお菓子も喜ばれます。

普通の一般家庭にお邪魔することになるので、各家のルールがあります。

シャワーは10分まで。友達は家に連れてこない。外出、外泊する際には連絡を必ず。

これは大体留学生へ周知される一般的なルールかと思います。

特にシャワーに関しては日本人は湯船に浸かりたいのに、シャワーしかないし日本での習慣のように長い間シャワーを出しっ放しにしてしまう事でステイ先と揉める事が多々あります。

(タンク式なのでお湯を使い切ってしまう場合は次の人は水になります)

大体10分くらいで入るのが理想的ですが、使っていない時は止める、意識的に短くするよに心がける事が必要です。

さらに、シャワーから出た後の保温をしっかりしておかないと体の熱がぐんぐん奪われて、
風邪を引いてしまうこともよくあります。

ニュージーランドの家は見た目はイングランドスタイルでとても可愛いのですが、冬は寒さで地獄です。

部屋の天井の高さが高い家も多く、部屋を暖房で暖めてもガンガンと体温が吸い取られていきます。

防寒対策として部屋の中でも嵩張らないユニクロのウルトラライトダウンジャケットはとても便利です。

食事に関してですが、ステイ先で出される食事は大体が芋です。

米はまぁ食べるかな?くらいの頻度で殆ど食べない家庭もあります。

ステイ先で何かご飯を作ってと言われる事があると思いますが、その時はハンバーグか日本式のカレーがハズレがないと思います。

残念ながら「家の間取りを埋めるためだけのホームステイの受け入れ」と考えている家庭も実は少なくありませんので(オークランドの家賃が高すぎるため)、あまりに酷い不満がある際はエージェントに相談してステイ先を変えることもできますが、1ヶ月ほどの短期の場合は我慢して住むのが得策だと思います。