オーストラリアでワーキングホリデーをする際に知っておきたいこと

名前:Amiさん 女性 留学先:オーストラリア

英語を使った仕事が簡単に見つかるとは限らない

オーストラリアにワーキングホリデーと学生として2年半住んでいた経験があります。

まずワーキングホリデーに行く前に知っておくべきことは、英語を使った仕事が簡単に見つかるとは限らないということです。

私自身は前職が営業職で英語を使うこともあったので、少しは仕事を見つけやすいのではないかと軽い気持ちで考えていましたが、オーストラリアで実際にワーキングホリデーで見つかる仕事の多くは日本食レストランや清掃業、オーペアや農家などです。

求人広告を見ると留学を斡旋する会社の事務などの仕事も紹介されていますが、そういった仕事の倍率はかなり高いのでなかなか決まりにくいと思います。

クラスに日本人がいない学校を選ぶのがベスト

英語力にあまり自信がないという方は語学学校に3か月ぐらい行く人も多いですが、なるべくクラスに日本人がいない学校を選ぶことをおススメします。

私の場合は英語は日常会話には問題がなかったのでビジネスコースを学びましたが、それでも同じ人種同士でかたまって英語が思ったよりも全然伸びないという人を多く見かけました。

私はなるべく日本人の友達は作らずに、英語を使う環境に身をおくようにしていました。

せっかく英語を向上させに行っているのに、日本人同士だけでつるんでしまうのは本当にもったりないと思います!

オーストラリアの物価は思っている以上に高い

ワーホリに行く前に知っておきたいことの一つとして、オーストラリアの物価が思っている以上に高いかもしれないということも大事だと思います。

最低賃金も日本と比べ高いので外食などをするとすぐ$20以上かかってしまうこともあるので、なるべく資金を蓄えてあまりギリギリで計算しない方が旅行なども楽しみたい人にはいいと思います。

家賃を節約するために最初の数か月は子供の面倒を見ながら食費や家賃を浮かすことができるオーペアなどをしながらオーストラリアの生活に慣れるのもいいと思います。

場所にもよるのですが、シドニーなどは本当に家賃も高いのでシティの近くに住みたいと思ったらルームシェアになることもあります。

出発前に自分がどういった生活をしてだいたいどれぐらいの生活費でやっていくのかを考えることも必要になってくると思います。

日本でできることは留学前に必ず済ませておく

東京や大阪に支店があるオーストラリアの銀行もあるので日本でできることは済ませておくと、ワーキングホリデー行ってすぐも安心ですし、現金などを持ち歩く心配も減るのでいいと思います。

私自身もそうでしたが、ワーキングホリデーに行くと楽しくてズルズル特に明確な目的もなくオーストラリアにいたいと思う人も多いようですが企業やレストランなどの就職先からビザをスポンサーしてもらえる可能性は極めて低くビザとりの学校に通いながらズルズル滞在を何年もしている人も多くいます。

出発前からできるだけ明確な目的やゴールを決めておいて、ビザが見込めないのなら早めに見切りをつけて帰国をしたりビザがとりやすい資格をとる学校や大学に行くなど早い時点で考えておく方がいいと思います。

ビザに関する書類の審査が難しくなったり金額なども年々高くなっているという話も聞くので自分の予算と目標が合っている方が目標を達成しやすいと思います。