私の英語勉強法

しん 男性

私は現在21歳である。中学校、高校と英語の授業はあったもののまともに受けていなかったため、全くといっていいほど英語が理解できていなかった。

20歳になったときにさすがにこのままではよくないと感じ英語の勉強を始めようと決心した。

しかし、中学校や高校のように私に英語を一から教えてくれる先生は存在しない。

そこでまずは家の近所の本屋さんに行き基礎から学ぶ英語という名のどこにでも売っていそうな参考書を買ってはじめてみることにした。

しかし、初めて5日ほど経った時点でまったく理解できていなかったためその参考書を使って勉強することは断念した。

今までまったくといっていいほど英語の勉強をしてこなかったのだからいきなり参考書を買って自分ひとりの力で英語を身に着けようとするのは無理がある。参考書を使わず、なおかつ受験生のように机に四六時中向かって英語の勉強をする気にもなれない。

どのように英語の勉強をすればいいか悩んでいた時、たまたまラジオの番組表で基礎英語という番組を見かけた。しかもたった15分という短さである。興味本位でその日にその番組を聞いてみることにした。

その番組の趣旨は英語を聴いて話して学ぶというものだった。これこそが理想的な英語の勉強法なのではないかと私は考え、さっそくその日から毎日そのラジオ番組を聴くことにした。

最初のうちは単語もわからないし何を言っているのか全くと言っていいほどわからなかった。

しかしそのラジオ番組のテキストを見直したり自分で単語帳を買って電車の移動時間の間に勉強するなどして足りない知識を補うことにした。

ラジオ番組の基礎英語は毎日15分なので無理せず続けることができる。

また予定がうまく合わず聴けない時があっても再放送があったため毎日15分リスニングの勉強をすることができた。半年ほど毎日続けていたら自然と英語を聴きとれるようになりわからない単語もなくなってきて成果を感じることができた。

また実際に日常生活で英語を使うことも大切だということをラジオの先生がおっしゃっていたため友達の留学生とご飯を一緒に食べに行ったりして英語で会話することにより本当の英語の勉強をすることができた。

 このように私は机に向かって英語の勉強をするといったことは一切していない。電車の移動時間やごはんまでの時間などにテキストを開いて勉強するといった具合だ。義務感を感じずに勉強することにより勉強することに対して苦に感じたことはない。これが私の英語勉強法だ。